2017年12月14日

早稲田大学 演劇映像学連携研究拠点 共同研究事業公募のお知らせ

早稲田大学演劇映像学連携研究拠点では、早稲田大学演劇博物館の
未公開資料群を対象とする共同研究課題(平成30〜31年度)を
公募しています。

応募書類は平成29年12月20日(水)13:00必着です。

未発表資料群リスト、公募要領は下記のURLよりご覧ください。
http://www.waseda.jp/prj-kyodo-enpaku/information/2017_1116.html

早稲田大学演劇博物館演劇映像学連携研究拠点事務局
kyodo-enpaku@list.waseda.jp
posted by webmsj at 00:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2018年度第1回募集 (12月25日締切)

NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただく
トライアルへの参加研究者を募集しています。
公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館、大阪では
NHK大阪放送局の専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に
閲覧することが出来ます。

○ 第1回閲覧期間 2018年3月〜5月 (1組 20日間まで利用可)
○ 募集対象者 大学または高等専門学校、公的研究所に所属する
        職員・研究者、大学院生
○ 応募締め切り 2017年12月25日
○ 募集研究数 放送博物館 6件、大阪放送局 3件

応募要項等詳しくは、以下のホームページをご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/archives/academic/ 
posted by webmsj at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

日本音楽図書館協議会より研修会のご案内

日本音楽図書館協議会より研修会のご案内をいただきました。

テーマ「音楽図書館と著作権」
様々な芸術活動の著作権法を専門とする弁護士の福井健策氏をお招きし、楽譜
の権利問題、JASRACの最近の動向に関してご講演いただきます。
音楽図書館サー ビスを行う上で必要な著作権の問題を、考え、学んでいきたいと
思います。質疑 応答の時間も設けております。
ぜひ、ご興味のある方は、ご参加ください。

講師: 福井 健策 【骨董通り法律事務所 For the Arts】 弁護士
    @著作権の基礎的なお話し
    A楽譜の複写に関して
    B最近のJASRACの動向
    C質疑応答

一般参加者の方々は、以下のリンク先からお申込みが出来ますのでお知らせください。
定員に達し次第締め切りとなります。
残席がある場合には当日参加も可ですので、
前日までに事務局にお問い合わせいただけますと幸いです。
「音楽図書館と著作権」申込み
http://kokucheese.com/event/index/492628/
posted by webmsj at 22:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

2017年度『大学院生の研究・生活実態に関するアンケート調査』にご協力お願い致します。

大学院生のみなさま

私たちは全国大学院生協議会(全院協)です。
この度は、大学院生を対象にしたアンケート調査にご協力いただきたく、ご連絡いたしました。

本調査は、全国大学院生協議会(全院協)が、全国各大学の加盟院生協議会・自治会の協力の下に実施する、全国規模のアンケート調査です。大学院生の研究及び生活実態を客観的に把握し、もってその向上に資する目的で行うものです。

全院協は2004年度以来毎年アンケート調査を行い、調査結果を「報告書」としてまとめ、文部科学省、財務省、国会議員及び主要政党等に対して、学費値下げや奨学金の拡充などの要請を行っております。
(報告書や要請文はHPにてご覧いただけます。http://zeninkyo.blog.shinobi.jp

また、本調査により明らかになった大学院生の深刻な実態は、これまで、NHKや朝日新聞をはじめとした各種マスメディアでも取り上げられ、社会的に大きな反響を呼びました。
(NHK生活情報ブログ 2012年11月30日「大学院生 バイトで研究に支障」http://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/800/139365.html

学費・奨学金等の重大な問題が存在するにも関わらず、大学院生の実態に関する全国的な調査は、全院協以外では行なわれておりません。より多くの方々に回答いただき、調査の精度を高め、問題を広く社会に発信していくことが求められております。ご協力いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

本アンケート調査で得られた情報は、以上に述べた目的以外に使用されることはありません。また、個人が特定される形で調査結果をまとめることはありません。

回答はこちらから行うことができます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【アンケート回答フォームURL】
https://goo.gl/forms/cCEk8dUHzoMutbiH2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
期限は【2017年9月15日】です。

お忙しいところ恐縮ですが、ご協力よろしくお願い致します。

全国大学院生協議会
E-Mail :zeninkyo.jimu@gmail.com
Twitter :@zeninkyo
TEL&FAX :042-577-5679
HP :http://zeninkyo.blog.shinobi.jp (上記アンケートのURLが開けない場合はこちらから)
posted by webmsj at 10:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

2017年度「日本ドイツ学会第33回大会」開催のお知らせ

会員の藤村晶子氏からご案内いただきました。

+++++
○ 2017年度「日本ドイツ学会第33回大会」開催のお知らせ

日時:2017年6月4日(日)10:00-17:00
会場:筑波大学東京キャンパス文京校舎

 フォーラム1 (10:00〜12:00)「音楽による共同体――ヒンデミットの創作と実践にみる」
  発表:藤村晶子 「ヒンデミットの〈共同体〉 ―1920年代の試み」
  発表:中村仁  「芸術家と〈共同体〉―ヒンデミットのオペラ《画家マティス》と《世界の調和》」
  司会:玉川裕子

事前申し込み不要。ドイツ学会員以外の方は、参加費1,000円(一般)、500円(学生)
プログラムの詳細はドイツ学会HPをご参照ください。
http://www.jgd.sakura.ne.jp/
文京校舎アクセス:http://tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html
posted by webmsj at 23:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2017年度第2回募集 (3月24日締切)

NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただくトライアルへの
参加研究者を募集しています。

公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館、大阪ではNHK大阪放送局の
専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に閲覧することが出来ます。

○第1回閲覧期間   2017年6月〜8月 (1組 20日間まで利用可)

○募集対象者   大学または公的研究所に所属する研究者、大学院生

○募集期間    2017年1月〜3月 (24日締切)

○募集研究数   放送博物館 6件、大阪放送局 3件

応募要項等詳しくは、以下のホームページをご覧ください。
 http://www.nhk.or.jp/archives/academic/ 
posted by webmsj at 10:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2017年度第1回募集 (12月22日締切)

NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただくトライアルへの
参加研究者を募集しています。

公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館、大阪ではNHK大阪放送局の
専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に閲覧することが出来ます。

○第1回閲覧期間   2017年3月〜5月 (1組 20日間まで利用可)

○募集対象者   大学または公的研究所に所属する研究者、大学院生

○募集期間    2016年10月〜12月 (22日締切)

○募集研究数   放送博物館 6件、大阪放送局 3件

応募要項等詳しくは、以下のホームページをご覧ください。
 http://www.nhk.or.jp/archives/academic/ 
posted by webmsj at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

2016年度『大学院生の研究・生活実態に関するアンケート調査』にご協力お願い致します。

「この数年間、自分より有能な先輩方が経済的理由から学業の続行を断念したり、また将来有望な後輩たちが今後への不安を抱き研究者への道を諦める瞬間を何度も目にしてきました。世界に通用する力をもった研究者の卵は、日本中のあらゆる大学院にいます。ただ、多くの研究機関は、残念ながら彼らをサポートするシステムを構築できていません。」

上記引用は、私たちが行っているアンケートに寄せられた自由記述より抜粋したものです。

本調査は、全国大学院生協議会(全院協)が、全国各大学院の加盟院生協議会・自治会の協力の下に実施する全国規模のアンケート調査です。本調査は、大学院生の経済状態や研究・生活環境を把握し、向上に資する目的で行われるものです。

全院協は2004年度以来毎年アンケート調査を行ない、調査結果を『報告書』としてまとめ、広く社会に公表しています。その結果は、全院協のウェブサイト(http://zeninkyo.blog.shinobi.jp)でご覧いただけます。また、私たち全院協は、この調査結果をもとに、文部科学省、財務省、国会議員および主要政党に対して、学費値下げや奨学金政策の拡充などの要請を行なっています。こうした取り組みは、東京新聞及び産経新聞、朝日新聞、NHKなどの各種マスメディアからも注目され、取材を受けております。

日本における大学院生の経済実態の全国的な調査は、毎年本調査以外では行われていません。より多くの方々に回答いただき、調査の精度を高めていくことが求められております。文末に連絡先を記載いたしますので、ご不明点・ご質問などありましたらお申し付けください。

*もし、下記のURLでアンケートのページが開けない場合、お手数ですが下記の全院協ブログのページからアンケートのページを開いていただきますよう、お願いします。
*本調査は、10分ほどで終わります。
*9月15日までの実施を予定しておりますので、よろしくお願いいたします。

https://docs.google.com/forms/d/1N01WV9bScDIo7uiYdcvpD2tWrEUV_J_rDZEKXFLkuqA/viewform

連絡先:全国大学院生協議会
zeninkyo.jimu@gmail.com

全院協ブログ(上記アンケートのアドレスが開けない場合はこちらから)
http://zeninkyo.blog.shinobi.jp

大学院生の奨学金借入、「500万円以上」が25%
朝日新聞 2014年11月26日17時27分
http://www.asahi.com/articles/ASGCV4RWGGCVUTIL01C.html
(2015年6月22日確認)

大学院生 バイトで研究に支障
NHK生活情報ブログ 2012年11月30日
http://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/800/139365.html
(2015年6月22日確認)
posted by webmsj at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

レインボウ21 サントリーホール デビューコンサート 2016 武蔵野音楽大学プロデュース「西洋音楽奇譚ー異文化の衝撃と憧れー」

レインボウ21 サントリーホール デビューコンサート 2016
武蔵野音楽大学プロデュース「西洋音楽奇譚ー異文化の衝撃と憧れー」
日時: 2016年6月7日(火)18:20開場、19:00開演

演奏会内容:
 今から150年ほど前、日本が開国に向けて動き出した激動の時代に、音楽の世界も大きく変化を遂げた。お雇い外国人によってもたらされた音楽は、当時の日本人に衝撃を与え、それと同時にそれまで謎に包まれていた日本の文化は、西洋人の創作意欲を掻き立てた。

 本演奏会では、来日した西洋人が手掛けた作品、日本人が最初期に手掛けた西洋の音楽理論に基づく作品、ジャポニスム運動に関わった西洋の作曲家の作品という3つの視点を設け、彼らが異なる文化に抱いていた「奇妙さ」を衝撃と憧れの2部構成で紐解いていく。当時の人々が文化の違いから受けた衝撃と、その衝撃が憧れへと代わっていった瞬間を、お楽しみいただきたい。

プログラム:
シーボルト採譜(キュフナー編曲)「日本の旋律」
ディットリヒ 『日本楽譜:6つの日本民謡』から「サクラ」「地搗歌」
プッチーニ オペラ『蝶々夫人』から「母さんがお前を抱いて」
ドビュッシー 『海』より海の夜明けから正午まで
 他

出演: 武蔵野音楽大学在学生及び卒業生
 
ホームページ:
http://mobile.suntory.co.jp/suntoryhall/schedule/detail/20160607_S_3.html
Facebook:https://www.facebook.com/rainbow21seiyouongakukitan/
Twitter:https://twitter.com/rainbowmusaon
posted by webmsj at 09:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンリケ・グラナドス没後100年記念「上原由記音ピアノリサイタル・ゴイエスカス(恋するマホたち)全曲演奏会」

会員の上原由記音氏からご案内いただきました。

+++++


日本音楽学会常任委員会広報様

 演奏会情報を送らせて頂きます。


Homenaje a Enrique Granados en el centenario de su fallecimiento
Yukine Uehara Piano Recital

エンリケ・グラナドス没後100年記念「上原由記音ピアノリサイタル・ゴイエスカス(恋するマホたち)全曲演奏会」
2016年5月30日(月)19時 東京文化会館小ホール  全自由席 入場料3000円

【プログラム】
E.グラナドス作曲 組曲「ゴイエスカス・恋するマホたち」全曲 
Enrique Granados《Goyescas –Los majos enamorados》

E.グラナドス作曲 「わら人形(ゴヤ風な情景)」
Enrique Granados《El pelele - Escena goyesca》

主催・問い合わせ コンセール・プルミエ 042・662・6203
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650

後援:スペイン大使館、セルバンテス文化センター東京、フランク・マーシャル音楽院、日本スペインピアノ音楽学会、日本音楽表現学会、日本スペインギター協会、日本スペイン協会、小島録音
特別協賛:株式会社メニコン
楽器協力:株式会社 河合楽器製作所(使用楽器:shigeru KAWAI)
衣装協力:ナジャ・ハウス立川広子
ジュエリー協力carrera y carrera

上原由記音 琉球大学教育学部及び同大学院教授、日本スペインピアノ音楽学会会長
posted by webmsj at 08:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする