2013年06月30日

洋楽文化史研究会第76回例会 公開研究発表会「近代東アジアにおける洋楽文化史」

洋楽文化史研究会第76回例会
公開研究発表会「近代東アジアにおける洋楽文化史」

研究発表:
ヘルマン・ゴチェフスキ(東京大学准教授)「フランツ・エッケルトと独日韓の
音楽文化交流 去年の資料発見から2016年の歿後百年記念へ」
閔庚燦(韓国芸術総合学校教授、東京大学客員教授)
「韓国における反日歌謡曲と親日歌謡曲に関して」
入場無料/事前申込不要/使用言語:日本語

日時:2013年7月13日(土)13時〜18時
会場:東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム1
アクセスマップ:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map02_02_j.html

主催:洋楽文化史研究会
共催:東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻比較文学比較文化研究

問い合わせ:ヘルマン・ゴチェフスキ研究室
Email:gottschewski@fusehime.c.u-tokyo.ac.jp

詳細はhttp://fusehime.c.u-tokyo.ac.jp/gottschewski/events/20130713.pdf
(当例会チラシ)
posted by webmsj at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

Towards a global history of music −A Balzan Prize Research Programme in Musicology (Balzan Prize 2012 in Musicology)

Towards a global history of music
A Balzan Prize Research Programme in Musicology
(Balzan Prize 2012 in Musicology)

The Steering Committee announces
International research visitorships
(duration 4 - 12 weeks, awards from EUR 5.000,00 for research visits, plus expenses).

For mid-career music researchers studying
Intercontinental relationships in music and global music history, c. 300 -c. 2000.

The Music Departments of
Humboldt University, Berlin
The Hebrew University, Jerusalem
King’s College, University of London
University of Oxford
University of Vienna
University of Zurich
Reinhard Strohm, Programme Director


Deadline for applications: 25 June 2013.

See URL for details and application forms:

Balzan Programme Musicology 2012
OR
http://www.balzan.org/news-en/reinhard-strohm-s-research-project-call-for-applications_6887.html
posted by webmsj at 05:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする