2016年05月10日

レインボウ21 サントリーホール デビューコンサート 2016 武蔵野音楽大学プロデュース「西洋音楽奇譚ー異文化の衝撃と憧れー」

レインボウ21 サントリーホール デビューコンサート 2016
武蔵野音楽大学プロデュース「西洋音楽奇譚ー異文化の衝撃と憧れー」
日時: 2016年6月7日(火)18:20開場、19:00開演

演奏会内容:
 今から150年ほど前、日本が開国に向けて動き出した激動の時代に、音楽の世界も大きく変化を遂げた。お雇い外国人によってもたらされた音楽は、当時の日本人に衝撃を与え、それと同時にそれまで謎に包まれていた日本の文化は、西洋人の創作意欲を掻き立てた。

 本演奏会では、来日した西洋人が手掛けた作品、日本人が最初期に手掛けた西洋の音楽理論に基づく作品、ジャポニスム運動に関わった西洋の作曲家の作品という3つの視点を設け、彼らが異なる文化に抱いていた「奇妙さ」を衝撃と憧れの2部構成で紐解いていく。当時の人々が文化の違いから受けた衝撃と、その衝撃が憧れへと代わっていった瞬間を、お楽しみいただきたい。

プログラム:
シーボルト採譜(キュフナー編曲)「日本の旋律」
ディットリヒ 『日本楽譜:6つの日本民謡』から「サクラ」「地搗歌」
プッチーニ オペラ『蝶々夫人』から「母さんがお前を抱いて」
ドビュッシー 『海』より海の夜明けから正午まで
 他

出演: 武蔵野音楽大学在学生及び卒業生
 
ホームページ:
http://mobile.suntory.co.jp/suntoryhall/schedule/detail/20160607_S_3.html
Facebook:https://www.facebook.com/rainbow21seiyouongakukitan/
Twitter:https://twitter.com/rainbowmusaon
posted by webmsj at 09:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンリケ・グラナドス没後100年記念「上原由記音ピアノリサイタル・ゴイエスカス(恋するマホたち)全曲演奏会」

会員の上原由記音氏からご案内いただきました。

+++++


日本音楽学会常任委員会広報様

 演奏会情報を送らせて頂きます。


Homenaje a Enrique Granados en el centenario de su fallecimiento
Yukine Uehara Piano Recital

エンリケ・グラナドス没後100年記念「上原由記音ピアノリサイタル・ゴイエスカス(恋するマホたち)全曲演奏会」
2016年5月30日(月)19時 東京文化会館小ホール  全自由席 入場料3000円

【プログラム】
E.グラナドス作曲 組曲「ゴイエスカス・恋するマホたち」全曲 
Enrique Granados《Goyescas –Los majos enamorados》

E.グラナドス作曲 「わら人形(ゴヤ風な情景)」
Enrique Granados《El pelele - Escena goyesca》

主催・問い合わせ コンセール・プルミエ 042・662・6203
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650

後援:スペイン大使館、セルバンテス文化センター東京、フランク・マーシャル音楽院、日本スペインピアノ音楽学会、日本音楽表現学会、日本スペインギター協会、日本スペイン協会、小島録音
特別協賛:株式会社メニコン
楽器協力:株式会社 河合楽器製作所(使用楽器:shigeru KAWAI)
衣装協力:ナジャ・ハウス立川広子
ジュエリー協力carrera y carrera

上原由記音 琉球大学教育学部及び同大学院教授、日本スペインピアノ音楽学会会長
posted by webmsj at 08:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする