2009年05月26日

キリスト教礼拝音楽学会第9回大会

キリスト教礼拝音楽学会の手代木氏から
第9回大会のご案内をいただきました。

*** ** *** ** ***

キリスト教礼拝音楽学会 第9回大会案内
「北ドイツのプロテスタント音楽―バッハ以降を中心に」



日時:2009年6月6日(土)10:00-16:30
   17:00〜「明治学院バッハアカデミーによる特別演奏会」

会場:明治学院大学白金キャンパス(東京都港区白金台)
   ■学会大会:アートホール
   ■特別演奏会:チャペル

主催:キリスト教礼拝音楽学会

+++ ++ +++ ++ +++

基調講演・・・・・樋口驤
「バッハ復活と19世紀ドイツ・プロテスタント音楽」


講演I・・・・・久保田慶一
「カントルという仕事について
  ―C.P.E.バッハ(1714-1788)とChr.シェーナー(1953-)―」

講演II・・・・・佐藤 望
「バッハ時代のドイツ・プロテスタント教会における
 音楽をめぐる神学論争について」

講演III・・・・・加藤拓未
「職務と芸術的主張の狭間で
  ―ハンブルクの音楽監督およびカントルとしてのテレマン―」

+++ ++ +++ ++
 
申込先:
〒145-0071 東京都大田区田園調布2-48-12-501 手代木方
      キリスト教礼拝音楽学会大会係
Tel/Fax: 03-3721-0891(手代木) 
E-mail: gammo@ka2.so-net.ne.jp

*参加申込方法などについては、リンク先をご参照ください。
 なお、締め切りが5月17日となっていますが、
 今大会についてはこの限りではありません。
 皆様ふるってご参加ください。

posted by webmsj at 00:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。