2010年05月30日

表象文化論学会第5回大会

関東支部の長木誠司氏から、以下の催しの
お知らせをいただきました。

*** ** *** ** ***

表象文化論学会第5回大会
2010年7月3日(土)青山学院アスタジオ地下多目的ホール
    7月4日(日)東京大学駒場Iキャンパス18号館4階コラボレーションルーム


7月4日(日)東京大学駒場Iキャンパス18号館4階コラボレーションルーム
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html

研究発表2:残存する「オペラ」
       ――1910-20年代、ポスト・ヴァーグナーの行方

魂の対話を自国語で歌う――《青ひげ公の城》における象徴主義と文化ナショナリズム/岡本佳子(東京大学)

目に見える音楽――クルト・ヴァイル《プロタゴニスト》、《皇帝は写真を撮らせたもう》における舞台の音楽とピットの音楽/中村
仁(桜美林大学)

世俗的なる完成品――シェーンベルクの一幕オペラ《今日から明日へ》/白井史人(東京大学)


【コメンテーター】長木誠司(東京大学)
【司会】竹峰義和(日本大学)


大会の、そのほかの催しについては、以下のサイトをご覧ください。
http://www.repre.org/
posted by webmsj at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。