2010年12月05日

Prof. Dr. Gundula Kreuzer (Yale University) 講演会

関東支部の山本まり子氏から、以下の催しの
お知らせをいただきました。

*** ** *** ** ***

Prof. Dr. Gundula Kreuzer (Yale University) 講演会のご案内

 早稲田大学演劇博物館グローバルCOE西洋演劇研究コース「オペラ/音楽劇の総合的研究」(オペラ研究会)では、イェール大学音楽学部大学院長のGundula Kreuzer准教授をお招きし、下記の通り2回にわたって講演会を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

講演者:Gundula Kreuzer (イェール大学音楽学部准教授)

◆第1回
テーマ:「ヴェルディとドイツ人:ナショナリズム、音楽史、そして『オペラ研究』の出現」
日時:2010年12月11日(土)14:00〜16:00
会場:早稲田キャンパス26号館(大隈記念タワー)地下1階 多目的講義室
http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html
使用言語:英語
司会:丸本隆(GCOE事業推進担当者・早稲田大学教授)
通訳:福中冬子(GCOE研究協力者・東京芸術大学准教授)
http://www.enpaku.jp/event/host/event20101211.html

◆第2回
テーマ:「霧のワグナー:『ニーベルングの指輪』における蒸気とオペラ演出について」
日時:2010年12月14日(火)17:00〜19:00
会場:早稲田キャンパス26号館(大隈記念タワー)地下1階 多目的講義室
http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html
使用言語:英語
司会:中村仁(GCOE研究生)
通訳:福中冬子(GCOE研究協力者・東京芸術大学准教授)
http://www.enpaku.jp/event/host/event20101214.html

★いずれも無料、予約不要
主催:早稲田大学演劇博物館グローバルCOE西洋演劇研究コース「オペラ/音楽劇の総合的研究」プロジェクト(オペラ研究会)
代表者:丸本隆(GCOE事業推進担当者・早稲田大学教授)
問い合わせ先:marumoto_at_waseda.jp
posted by webmsj at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。