2016年01月08日

早稲田大学演劇博物館 演劇映像学連携研究拠点 公募研究 成果報告会 無声期の映画館と音楽――日活関連楽譜資料「ヒラノ・コレクション」から考える

東日本支部の柴田康太郎氏からご案内いただきました。

+++++
早稲田大学演劇博物館 演劇映像学連携研究拠点 公募研究 成果報告会
 無声期の映画館と音楽
   ――日活関連楽譜資料「ヒラノ・コレクション」から考える
 http://silentfilmmusic.wix.com/empaku-hirano

 日時:2016年1月9日(土)11:00-18:30
 場所:早稲田大学 早稲田キャンパス 小野記念講堂

 第1部 「ヒラノ・コレクション」研究報告(11:00〜13:00)
 発表:白井史人 (東京医科歯科大学)、柴田康太郎(東京大学)、
    紙屋牧子(東京国立近代美術館フィルムセンター)
 コメント:武石みどり (東京音楽大学)、上田学 (日本学術振興会)

 第2部 現代の無声映画上映と資料の活用(14:00〜16:00)
 講演:羽鳥隆英(京都大学・神戸映画保存ネットワーク)
    佐崎順昭、岡田秀則(東京国立近代美術館フィルムセンター)
 講演+演奏:柳下美恵(無声映画伴奏者)

 第3部 参考上映『忠臣蔵』(1926)(17:00〜18:30)
 監督:池田富保、日活、1926年、約66分、DVD上映
 作品提供:おもちゃ映画ミュージアム 
 作品紹介:太田米男(おもちゃ映画ミュージアム)
 弁士:片岡一郎(活動写真弁士)
 構成・演奏:湯浅ジョウイチ、鈴木真紀子、
       丹原要(楽団カラード・モノトーン)

 主催:早稲田大学演劇博物館演劇映像学連携研究拠点
    公募研究グループ「無声映画の上演形態、特に伴奏音楽に関する資料研究」
 協力:尾上松之助遺品保存会、おもちゃ映画ミュージアム、
    神戸映画資料館、東京国立近代美術館フィルムセンター
posted by webmsj at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。