2007年04月05日

音楽図書館職員採用の現状

昨年の全国大会におけるシンポジウム「日本の音楽資料−収集・整理と研究」では、パネリスト以外が発言する時間が取られなかったので、意見を『音楽学』の『研究と報告』に投稿しましたが、掲載していただけませんでした。けれども、ここで私が黙っていては、当日のパネリストの方々のご発言が誤解を招くと思われ、また、音楽図書館員の採用の現状が研究者の方々に知られることもなく、改善は期待できません。会員が意見を述べる場を作っていただきたいという私の要望がここに実現しましたので、データを更新して転載させていただきます。

音楽図書館職員採用の現状

 2005年に開催された日本音楽学会第56回全国大会において、「日本の音楽資料−収集・整理と研究」と題するシンポジウムが行われた。この時、図書館職員養成に関して、パネリストの方々から次のような発言があった。日本近代音楽館の林淑姫氏は、音楽資料収集の課題として資料整理に当たる職員の養成を挙げられた。星野宏美氏は、玉川大学に収蔵されたカサド・コレクションを整理する専門家がいないことに言及された。金沢正剛会長は、国際資料目録(RISM)の国内委員会を組織できないのは専門家がいないからだと指摘された。これだけを聞くと、音楽資料を整理する専門家が不足しているように受け取る方もあるかもしれないが、実態は全く逆で、そのような職に就きたくても求人はほとんどない。その事に全く触れないで上記のような発言をされると、筆者のような万年求職者(2007年4月からは愛知県立芸術大学図書館で勤務する予定)を増やすことになり、無責任ではないだろうか。また、音楽資料の専門家の必要性を感じている大学教員はほかにもいらっしゃると思うが、その多くは、ご自身の大学図書館職員の採用がどのように、どんな基準で行われているのかご存じないのではないか。当日はパネリスト以外が発言する時間は与えられなかったので、職員採用の実態をご報告したい。

続きを読む
ラベル:投稿
posted by webmsj at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

論文の翻訳・出版依頼について

日本音楽学会会員の皆様
アルメニアの音楽学者S.サルスキヤン氏(エレヴァン音楽院教
授)から論文の翻訳・出版の依頼が私のところに来ています。ご本人か
ら受け取ったメールによりますと、氏は20世紀音楽、とりわけアルメ
ニア音楽を専攻されている方で、アルメニアと日本の音楽の間の接触に
ついて書いた論文を日本で発表することをご希望されているそうです。
原稿はロシア語で書かれており、日本の読者のために翻訳してもらえれ
ばよいとのお話でした。こちらからお願いして、英語のアブストラクト
を書いていただいたので、それを原文のまま掲載しておきます。ご興味
のある方、ご翻訳・ご出版をなさりたい方などいらっしゃれば、私のと
ころにご連絡をくださいますよう、よろしくお願いいたします。
日本音楽学会会員
太田峰夫(mineo@gol.com)

要旨(英語)
Armenian-Japanese musical contacts (17 pages)

This article of Dr. Prof. Svetlana Sarkisyan represents a historical-
theoretical essay about Armenian-Japanese musical contacts developing
since 1940-ies up to the present time. The author strives to
represent the whole picture of the process on examples of three
fields of musical art. They are:
1. The field of musical creation when some Armenian composers are
becoming actively interested in the music and poetry of Japan, and on
the other side Japanese composers experiences the influence of the
patriarchy of music Aram Khachaturyan.
2. The field of performing music art is connected with mutual visits
of Armenian musicians to Japan and Japanese musicians to Armenia
resulting in integration of musical achievements of both cultures
into a cultural space of both countries, stimulating new ideas of
interrelations.
3. The field of contacts on the level of music publishing. It is
publication of Armenian composers' scores in Japan contributing to
their propaganda in the world.
The article is the first attempt of summarizing the intellectual
layer of the new history and can be considered as a preamble to a big
theme.


ラベル:投稿
posted by webmsj at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする