2013年06月30日

洋楽文化史研究会第76回例会 公開研究発表会「近代東アジアにおける洋楽文化史」

洋楽文化史研究会第76回例会
公開研究発表会「近代東アジアにおける洋楽文化史」

研究発表:
ヘルマン・ゴチェフスキ(東京大学准教授)「フランツ・エッケルトと独日韓の
音楽文化交流 去年の資料発見から2016年の歿後百年記念へ」
閔庚燦(韓国芸術総合学校教授、東京大学客員教授)
「韓国における反日歌謡曲と親日歌謡曲に関して」
入場無料/事前申込不要/使用言語:日本語

日時:2013年7月13日(土)13時〜18時
会場:東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム1
アクセスマップ:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map02_02_j.html

主催:洋楽文化史研究会
共催:東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻比較文学比較文化研究

問い合わせ:ヘルマン・ゴチェフスキ研究室
Email:gottschewski@fusehime.c.u-tokyo.ac.jp

詳細はhttp://fusehime.c.u-tokyo.ac.jp/gottschewski/events/20130713.pdf
(当例会チラシ)
posted by webmsj at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

Towards a global history of music −A Balzan Prize Research Programme in Musicology (Balzan Prize 2012 in Musicology)

Towards a global history of music
A Balzan Prize Research Programme in Musicology
(Balzan Prize 2012 in Musicology)

The Steering Committee announces
International research visitorships
(duration 4 - 12 weeks, awards from EUR 5.000,00 for research visits, plus expenses).

For mid-career music researchers studying
Intercontinental relationships in music and global music history, c. 300 -c. 2000.

The Music Departments of
Humboldt University, Berlin
The Hebrew University, Jerusalem
King’s College, University of London
University of Oxford
University of Vienna
University of Zurich
Reinhard Strohm, Programme Director


Deadline for applications: 25 June 2013.

See URL for details and application forms:

Balzan Programme Musicology 2012
OR
http://www.balzan.org/news-en/reinhard-strohm-s-research-project-call-for-applications_6887.html
posted by webmsj at 05:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

「バッハだけでなく――18世紀ドイツ・プロテスタントのカンタータ」

東日本支部の樋口隆一氏よりお知らせをいただきました。

++++++++++
明治学院大学芸術学科音楽系列講演会
「バッハだけでなく――18世紀ドイツ・プロテスタントのカンタータ」

日時:2012年12月20日(木) 13:05〜14:35
講師:クラウス・エフナー博士(元アイゼナッハ・バッハ博物館館長)
司会・通訳:樋口隆一(明治学院大学文学部芸術学科教授)
会場:明治学院大学白金校舎 本館2F1253教室
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/
主催・問い合わせ:明治学院大学芸術学科 03-5421-5380
※入場無料/事前申込不要

 クラウス・エフナー博士は、元アイゼナッハ・バッハ博物館館長、アイゼナッハ市会議員を務められたドイツを代表 する音楽学者のひとりです。「アイゼナッハ・テレマン音楽祭」、「テューリンゲン・バッハ週間」を創立され、現在はテューリンゲン州音楽評議会の副理事長 を務められています。
 「バッハだけでなく――18世紀ドイツ・プロテスタントのカンタータ」と題されたエフナー博士の講演は、マルティン・ルターによって始められたルター派 プロテスタント教会音楽の歴史のなかでの教会カンタータの位置付けを明らかにされます。バッハの教会カンタータはもちろんその代表例ですが、当時のドイツ では、テレマンをはじめとした多数の作曲家が教会カンタータを作曲し、教会の聖歌隊が上演していたのです。まさにその中心地アイゼナッハに住んでおられる エフナー博士から、長年の研究と実践に基づいた生きたお話しが伺えます。
posted by webmsj at 23:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

Call for papers for the Journal of Music Research on Line - JMRO

Journal of Music Research on Line (JMRO)の事務局から
下記の案内が届きました。

+++++
The Journal of Music Research Online (JMRO) is a freely accessible,
peer-reviewed journal for the publication of scholarly research in music.
It has a distinguished international editorial board, broad
scope and aims to publish research which is of the highest international standard.

JMRO offers authors:
・ short submission to publication time,
・ no page limits,
・ the inclusion of audio and video samples, high quality images and music scores where those items enhance the presentation of the research,
・ publicatio of articles a soon as they are ready.


JMRO is now calling for English language articles of the highest international scholorly standards in areas including, but not limited to, Composition, Early Music, Ethnomusicology, Gender Studies in Performance Practice and Popular Music. Articles in other areas considered to appropriate by the managing editor will also be published.

Visit JMRO at www.jmro.org.au to see the high quality papers and wide range of topics covered in the papers published so far.

JMRO is published by the Music Council of Australia www.mca.org.au.

For further information contact Jula Szuster, Managing Editor, JMRO.
jula.szuster@adelaide.edu.au

CFP-JMRO.pdf
posted by webmsj at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

エルンスト・ヘルトリヒ博士『ベートーヴェン連続講演会』

東日本支部の樋口隆一氏よりお知らせをいただきました。

++++++++++
明治学院大学文学部芸術学科・言語文化研究所共催
エルンスト・ヘルトリヒ博士『ベートーヴェン連続講演会』

講師:エルンスト・ヘルトリヒ博士(元「新ベートーヴェン全集」編集主幹)
司会・通訳:樋口隆一(明治学院大学文学部教授)
※入場無料、事前申込は必要ありません

<ベートーヴェンと宗教>
日時:2012年12月1日(土)14時〜16時
会場:明治学院大学白金校舎本館1階1301教室
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/

<ベートーヴェンのピアノ曲>(全3回)
第1回 2012年11月29日(木)13時〜14時30分
第2回 2012年12月 6日(木)13時〜14時30分
第3回 2012年12月13日(木)13時〜14時30分
会場:明治学院大学白金校舎本館1階1253教室
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/

エルンスト・ヘルトリヒ博士は、ボンのベートーヴェン・ハウスにあるベートーヴェン・アルヒーフ(資料館)所長として、また「新ベートーヴェン全集」編集主幹として活躍されたベートーヴェン研究の第一人者です。「ヘンレ原典版」の校訂者としても名高く、ベートーヴェンのみならずモーツァルト、シューベルト、シューマン、メンデルスゾーン、リストなど、100冊以上の楽譜の校訂をされています。2008年春学期には明治学院大学招聘教授として来日され、大学院文学研究科芸術学専攻で指導されました。

今回の久しぶりの来日では、ライフワークであるベートーヴェン研究の最先端を披露されます。ヘルトリヒ博士の講演は、高度な内容をわかりやすく、ユーモアたっぷりにお話しになるので、学生から音楽ファンまで幅広い聴衆に喜ばれています。

お問合せ先:明治学院大学言語文化研究所 03-5421-5213
posted by webmsj at 10:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

公開シンポジウム『海外で鳴り響いた邦楽』<実演付き>

西日本支部の仲万美子氏よりお知らせをいただきました。

+++++++++
日 時:2012年9月17日(月・祝) 12:30−16:30 ※正午開場
会 場:大江能楽堂 京都市中京区押小路通柳馬場東入 地下鉄東西線「京都市役所前」西へ徒歩5分
    または 地下鉄烏丸線「烏丸御池」東へ徒歩5分       
会場URL:http://www.asahi-net.or.jp/~tn4m-ooe/

内 容:20世紀初頭の満州・台湾・東京の邦楽界について
基調報告/海外上演の復元(能・長唄)/シンポジウム
料 金:入場無料
主 催:外地の邦楽プロジェクト
協 力: 財)杵勝会 / 大江能楽堂 / 株)宝 大 / 満次郎の会
助 成:公益財団法人トヨタ財団
本シンポジウムに関するお問合せ先
電 話:03−3655−3241(満次郎の会)平日9時〜18時
メール:gaichi-hougaku@mail.goo.ne.jp
posted by webmsj at 11:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

The Performer's Voice 2nd Symposium (Singapore) 25-28 Oct 2012 - Call for Presentations April 15 2012

The Performer's Voice 2nd Symposium (Singapore) 25-28 Oct 2012 - Call for Presentations April 15 2012

Website: http://www.nus.edu.sg/performersvoice

From the 25th - 28th of October, the Yong Siew Toh Conservatory of Music, National University of Singapore will host the second Performer's Voice Symposium, Horizons Crossing Boundaries.

The first international performance symposium in 2009 attracted 170 delegates from 22 countries (6 continents) and featured 65 presentations in relation to its four points of focus: Towards Performance; Beyond the Score; My Instrument - My Voice; Asian Voices. Subsequent to the initial symposium, a website was established ( theperformersvoice.org ) and a publication of selected proceedings edited by the symposium's convener Dr. Anne Marshman was published by Imperial College Press ( 'Performers' Voices Across Centuries and Cultures').

The second symposium brings together plenary speakers, performers and ensembles from four continents including Key Note Speaker Prof. John Rink (Cambridge); performers Joe Burgstaller (Peabody, USA), Colin Currie (UK), Paul Dean (ANAM, Australia), James Morrison (Australia), Qin Li-Wei (Singapore) , Melvyn Tan (UK / Singapore) ; presenters Darla Crispin (Orpheus Research Centre in Music, Belgium), Stephen Emmerson (Queensland Conservatorium, Australia), Michael Musgrave (Julliard School, USA), Anothai Nitibhon (Silpakorn University, Thailand), Kia-Hui Tan (Ohio State, USA) and ensembles Ang Mo Faux, Orchestra of the Music Makers, Size Zero Opera and T'ang Quartet.

Call For Presentations

For details of the symposium, please visit http://www.nus.edu.sg/performersvoice

Building on the successes of the first symposium and on its points of focus, the specific theme for the 2012 symposium is Horizons Crossing Boundaries, as we seek to explore multifarious emerging continuums: from mainstream to experimental, notated to improvised, classical to jazz, world, alternative, pop and/or multi-media, acoustic to electronic, local traditional to contemporary global, canon to contemporary, performer to scholar, west to east and east to west.

Though interdisciplinary in scope, the symposium’s emphasis on the act of performance and the role of the performer gives it a distinct focus. Proposals with a clear emphasis on performance or involving elements of performance are preferred. Given the symposium's themes, presentations that draw on personal, reflective experience-based insights into performance are as encouraged as those shaped from more traditional approaches to research. The deadline for submission is Friday 15 April 2012.
posted by webmsj at 18:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古楽フェスティヴァル<山梨>

古楽フェスティヴァル<山梨>

日程:2012年4月28日-30日
場所:甲府市内の6箇所
内容:
 1)第25回国際古楽コンクール<山梨>
   (応募部門:チェンバロ、声楽)
 2)展示会と楽器のデモンストレーション
   鍵盤楽器(主としてチェンバロ)、楽譜、CD etc.
 3)審査委員やコンクール受賞者によるコンサート4本
 4)その他

詳細情報:http://homepage2.nifty.com/eterna/
posted by webmsj at 18:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現代オペラ・レクチャー「シマノフスキ《ロジェ王》」

日本アルバン・ベルク協会フェニックス・レクチャー
「シマノフスキ《ロジェ王》」

日時:2012年3月31日(土)14:00〜17:00
会場:東京大学大学院総合文化研究科(駒場キャンパス)18号館1Fメディアラボ2
講師:長木誠司
会費:500円(資料代)

問い合わせ:日本アルバン・ベルク協会 
      Tel/Fax:03-5228-1835
      E-mail:aberggj1985@mb.infoweb.ne.jp

詳細情報:http://www.albanberg.jp/index3_20120331.html
posted by webmsj at 18:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

改めてアメリカ・クラシック音楽の「系譜」を考える

日本アルバン・ベルク協会例会

レクチャー:
「改めてアメリカ・クラシック音楽の「系譜」を考える
 ―実験主義の外にあるものを中心に―」

講師:谷口昭弘
司会:沼野雄司
日時:11月26日(土)午後2時〜4時
会場:東京大学教養学部(駒場キャンパス)18号館1階メディアラボ2
会費:500円(資料代)
問い合わせ:日本アルバン・ベルク協会
 Tel/Fax: 03-5228-1835
  E-mail: aberggj1985@mb.infoweb.ne.jp

詳細情報: http://www.albanberg.jp/index3_20111126.html
posted by webmsj at 11:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする